読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

p_e_p_e_p_e の はてぶろ

Jumbo! and "Welcome Home"!

#ぺぺ旅FL2016 レポート5、Magic Kingdom #6

WDW インレポ 写真

ついに最終回!(MKはね)

 

 

 

 

【Mickey's Royal Friendship Faire】 

正直そんなに期待していなかったショー。

前回の城前ショー:Dream Along with Mickey は音源が「ミッキーのギフトオブドリームズ(TDL 20thのキャッスルショー)」とTDLワンマンのリミックス、そして途中で最先端技術のトーキング・ヘッド導入という事でそこそこの興味がありましたが、いよいよリニューアルか〜そうですか〜へぇ〜ぐらいでしか観ていなかったのですがそんな過去の自分を2,000,000回ぐらいぶん殴りたくなるレベルでこのショーは大好きになりました。

まぁ曲の構成がまず日本じゃ叶わないものってのもありますし、全キャラクター(トーキング、フェイス含む全て)に非常に豊かな表情がありつい見とれてしまいました。

動画でも回ってきていましたがだいたい全体像を映すものが大半なのでもう少しキャラクターの表情をクローズアップしてお届け(まずWDWを訪れる99%ぐらいは一眼レフなんて持っていないのでこの写真はこの写真で貴重かも?と自負してみたり)。

 

〜オープニング〜

登場は所謂ビッグ5がみんなトーキング・ヘッドで登場。ミッキーとミニーについては通称 新ヘッド になって登場です(この直前回のみ旧ヘッドだったみたいですがそれっきりで以降はずっと新ヘッドになっている模様です)。

 

ここから色んな国のプリンス、プリンセスを招待してみんなでわいわいしようというお話です(相も変わらず雑)。

 

〜From Kingdom of Maldonia〜 

 グーフィー が ティアナ姫 と ナヴィーン王子 を招待します。彼らはジャズが大好きなので映画でも流れる曲と共に歌って踊ります。

 

色んな国の人々が訪れるにもかかわらず彼らは踊る気満々の格好です。そしてドレス姿じゃないのは世界のディズニーパークでも初めてなのでは?

(2016/07/12 21:39追記)違ったみたいですごめんなさい。

 

 

全部が可愛いティアナ。

 

もちろんグーフィーも一緒に踊ります。こうしてキャラクター同士の交流がこのショーの魅力。

 

楽しいし何より表情が良い。滞在中は2回観ましたがあと2回ぐらい観たかったかも。まぁでも滞在2日目か3日目にスタートしたショーだから厳しかったけどねん。

 

ゲストの盛り上がりが半端じゃないのがわかります。毎回のショーがこんな感じでこうしてみると海を渡ったな〜という感じがとてもしますね。

 

 

〜From Enchanted Forest〜

ドナルドが森で出会った仲間たちを招待し、ケンカというかヤンチャを始めたと思ったらデイジーが ラプンツェル と フリン を招待してみんなでみんなの夢について披露しあうというとても心温まるハートフルストーリー(二重でハートフルを説明してる)。

 

ドナがケンカを吹っかけて、覇気でみんなが吹っ飛んでいます。

 

そんなドナルドダック(フルネームが大事)を落ち着かせるべくやってきた愛しのデイジー。一部のTwitterユーザーで「なんだこのデイジーのヘッドは!」とお怒りの声も聞こえますが目の前でデイジーが歌って喋って怒って笑って、それでこそデイジーじゃありませんか?

 

「はい、コイツにも夢がありま〜す」。の図。

 

映画でのパブのシーンをキャッスルショーで再現されています。俺達のキャッスルショーはここにあった。

 

はいかわいいみんなかわいい。

 

 

〜From Northen Island, Allendale〜

最後にお呼ばれされたのがアレンデールからエルサ女王、アナ王女、そしてオラフ(Sir、と呼ばれていたので、オラフ卿?)。

 

オラフはトーキング・ヘッドでした。つまりこのショーに出てくる全てのキャラクターに表情が豊かである事となります。すぎょい。

 

左で隠れているアナ、エルサにミッキーとミニーを紹介しているシーン。

 

やっぱりこの3人だよね。しかしコレ観ると日本のパレードはそれはそれで豪華だなーって思った。

 

個人的に一二を争う好きなシーン。ミニーがエルサに一目惚れしちゃっているシーン。もうミニーがメロメロになってて、好き。 

 

エルサに持って行かれているミニーを暖かく見守るミッキーはやっぱりイケメン。

 

いやもうお美しい。麗しい……。

 

 

 

〜Finale〜

最後に今までのプリンス、プリンセスをみんな呼んでお祝い。そしてビッグ5のみんなコスチェン。好き。

 

日本以外のパークのミッキーは本当に紳士的でそれも魅力の一つ。

 

キャラクターの枠を超えてみんなでダンスを踊っているシーンなんかは、あぁ、本当にマジックキングダム来たな〜って思った。結局色んなパークがあって、それぞれの良さがあるけれど、MKが一番好きかもしれない。

 

ミッキーから最後のサプライズの披露を以ってショーはフィナーレ。

 

 

このショーは直近の映画をフィーチャーしただけあって内容がとても豪華に感じました。1日5〜6回やっているのでいつでもいいのでフラッと観てください。フラっと最高の感動を味わえるあたりが、リゾートならではの楽しみと思います。

 

これにてMK版は終わりです。

 

次回からEPCOT Center をお届けします。