読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

p_e_p_e_p_e の はてぶろ

Jumbo! and "Welcome Home"!

#ぺぺ旅FL2016 レポート1、Wizarding World of Harry Potter "Diagon Alley" #1

USJ 写真

……夢叶う場所は、世界に一つじゃない。

 

f:id:p_e_p_e_p_e:20160624221814j:plain

 

新婚旅行に行ってきました。

詳細の日程については今度にさせてくたさい。

この文章を書いているリアルタイムで日テレでハリポタ祭りをやってるもんで、そのうちにざっと書き留めたいと思います。

 

 

 

0.Wizarding World of Harry Potter とは

ちゃんとした旅行記事っぽくゼロから書き記します。

 

 

2010年6月、地球の裏側、Universal Orlando Resort(以下UOR) 内にあるテーマパーク「Island of Adventure(以下IoA)」に、Wizarding World of Harry Potter(以下WWoHP) がオープン。

内容はご存知 日本にもあるホグズミード村ホグワーツ城 がオープンしました。(その時の様子はコチラ

 

USJのハリポタがオープンしたのは2014年7月なのですが、

時同じ2014年7月、UOR 内にあるテーマパーク「Universal Studios Florida(USF)」にオープンしたのがWizarding World of Harry Potter "Diagon Alley"

(同時期に IoA内のWWoHPは「WWoHP "Hogsmeade"」に改称)。

 

エリアの紹介についてはWikipedia(日本語)公式HP(英語)を載っけますが、

ぺぺさん視点でのお写真レビューを。

 

 

 

1.グリンゴッツ銀行〜外観〜

 

ダイアゴン横丁のシンボル、グリンゴッツ銀行。

中にはアトラクション「Harry Potter and Escape from Gringotts」があります。

このレビューについてはまた今度。

 

 

さすが魔法界。

マグル(人間界)から一応入れるのですが、とっても分かりづらかったです。

そしてこんなに広かったのか!と思わせる空間がそこに広がっていました。

紛れも無く、映画館で見たあの世界でした。

 

 

 

 

一作目「ハリー・ポッターと賢者の石」に早々に登場したダイアゴン横丁、そしてグリンゴッツ銀行。

ハリー・ポッターの物語が進むに連れてそれはとてつもない役目を負うこととなるのですが、そこについに訪れることが出来ます。

 

 

 

 

舐め回すように写真を撮りました。

いつ来れるかわからない、そんな場所でしたので。

ちなみに上の写真はアトラクション乗車前にカメラをロッカーに仕舞う前に撮った1枚。

 

 

 

ダイアゴン横丁という名のエリアですが、ノクターン横丁もあります。

その入口から撮った写真。最高。

 

 

 

2.グリンゴッツ銀行〜内観〜

 

アトラクションの詳細については以下の記事をご参照下さい。

この記事では写真レビューのみをしています。

 

 

p-e-p-e-p-e.hateblo.jp

 

 

グリンゴッツ銀行に入る=アトラクションに乗る。

アトラクションに乗る=手荷物持ち込みNG(ケータイぐらいならOK)。

故に一眼レフ写真が1枚も撮れなくて悔しかった……

がしかし、これ見よがしにiPhoneで写真と動画を撮ったのでそれを載せます…

 

 

 

外側Qライン。

Qライン構造についてはアトラクション紹介時に。

 

 

 

入ってすぐのタペストリー。

グリンゴッツの紋章がどこかホグワーツと似ている。

 

 

グリンゴッツ銀行ロビー。

ゲストはこの奥へ進みます。本物と思わせる演出が凄い…

と、言うのも、柱を触ってみたら結構安っぽかったです。

それなのに、このような石を加工したようなデザインを施す事で、本物感が、というかコレは本物だった……

 

 

 

ロビー側面には仕事をしているゴブリン。

ちゃんと仕事をしています。

が、オーディオアニマトロニクスの演出は、やはりディスニーの方が断然上。

 

 

 

このゴブリンが常にゲストへ話しかけてくれています。

何を話してくれていたかは覚えていませんでしたので、気になる方は YouTube で検索けんさくぅ〜!

 

 

 

これ誰だったかな〜忘れちゃった←

この肖像画も勿論話しかけてくれています。さぁ気になる方はYouTu(ry

 

 

進んでいくと魔法界の新聞があります。

なんて書いてあるか読みたかったけど列の進みが早くて………

気になる方はY(ry

 

 

マグルが訪れる場所は銀行地下にある金庫です。

ここにあるエレベータで地中深くへと潜っていきます。

このエレベータ内の演出も鳥肌もんなのですわ……好き。

 

 

 

地中深く潜りましたが、ロードエリアは少し階段で登ったところにあります。

 

 

 

螺旋階段から上を見上げるとそこは鍾乳洞のような空間になっていて、

なんだか見たことあるよくわかんないアレ(語彙力)が垂れ下がっています。

もう少しでローディングです。

 

 

さて着きましたぞ!

ビークルは2両編成、1両 4x3人乗り かつローディングエリアが2レーンあるので

そこそこ回転が良かったです。

 

 

 

3.ノクターン横丁

 

どこぞの暖炉でちゃんと「ダイアゴン横丁」って発音しないと間違って訪れちゃう場所、それがノクターン横丁(雑

 

闇の魔術に関する品物を売る場所なだけあって、

想像の100000000倍暗かった……怖かった………

(けど常夏のフロリダにとっては最高の避暑地だった)

 

 

ノクターン横丁の入口サイン。

冗談抜きに奥はこの暗さです。

 

 

暗過ぎでよくわかりませんよね。

私もよくわかりませんでした←

 

しかしショップもあり、加えてインタラクティブワンドのディスプレイが多数ありました。

 

 

数々張られている手配書の中にはハリーの姿も……

 

 

 

ノクターン横丁内部。コレが明るさ限界です。←

緑色に光っているディスプレイに呪文をかけると動きます。

 

 

 

ホント暗かった。

この後、この明るみの奥にいる家族のパパに「わぁっ!」って驚かされたのをこの後2時間ぐらいずっと恨んだ。

 

 

4.ダイアゴン横丁 その他の町並み

 

この辺りには正式な名称があるのかな?

ちゃんと調べていないのでわかりませんが、ショップやレストランが多数ありました。

何より、最初からインタラクティブワンドを導入するつもりで作られたエリアなので、

そこかしこでディスプレイが動いたり炎が出たりと、ただいるだけでも楽しかったです。

 

 

 

ちゃんとホグワーツ特急に乗ってホグズミード村へ移動しました。

 

次回は何について書こう!

アトラクション?ホグワーツ特急?それとも他の?

 

リクエストあればどうぞ!

 

とりあえずこの身体が元気なうちにもう一度訪れたい場所!!!!